島原・天草・長島架橋
 
Contents   Tourist Map   Connection Link
架橋構想の概要九州西岸軸構想の概要期待される効果調査の概要協議会活動の紹介イベント情報交流事業募集絵画コンテスト三県架橋PR動画地方大会の開催状況   観光地図情報   地元3県地元市町


島原・天草・長島架橋構想及び九州西岸軸構想推進地方大会

平成29年12月16日(土),鹿児島県・熊本県・長崎県の国会議員や県議会議員など,関係者約600名に御参加いただき,鹿児島県出水市において,「島原・天草・長島架橋構想及び九州西岸軸構想推進地方大会」を開催しました。
 当協議会が実施した絵画コンテストの表彰式を行った後,主催者である島原・天草・長島架橋建設促進協議会会長三反園訓鹿児島県知事,及び(一社)九州経済連合会長尾成美専務理事が,「災害に強い国づくり,地域の交流・物流における交通基盤の形成,広域観光ルートの形成による観光産業の振興などの観点から,本構想の実現に向けて,関係機関が一丸となって機運を高めていくことが極めて重要である」旨の開会あいさつをいたしました。
 また,御出席いただいた国会議員の皆様にもあいさつを頂戴し,特に島原・天草・長島架橋構想及び九州西岸軸構想議員連盟幹事長の小里泰弘衆議院議員からは,「地方への新たな人の流れを形成し,災害にも強い,安全・安心なまちづくりを進めていく上で,まずは交通体系の整備が大きな鍵となり,その延長線上にあるのが,三県架橋である」旨のお言葉を頂戴しました。
 さらに,国立大学法人九州大学大学院工学研究院塚原健一教授に,「三県架橋 一極集中を脱し,地域連携による発展の可能性」と題して,「三県架橋構想は,一極集中による発展ではなく,防災を含めた自然資源・歴史資源のネットワーク化を強固にすることにより,九州が発展し,その発展した希望を持てる地域を我々の子どもたちに引き継いでいけることを象徴している」旨を御講演いただきました。
 その後,地元期成会を代表し古川隆三郎島原市長からは,「三県架橋の実現は,移動時間の短縮や大規模災害時の防災体制の確立,産業の連携など多くの効果が期待され,地域活性化の起爆剤になるものと確信している」旨を,また,地元経済界を代表し益田政昭牛深商工会議所会頭からは,「三県にまたがる架橋が実現すれば,有事の際のルート確保は確実であり,さらに観光・物資輸送ルートが強化され,九州の一体的な飛躍が期待される」旨の意見発表をいただきました。
 最後に,川添健長島町長より架橋建設に資する調査の再開等について大会決議案が提案され,採択されました。
会次第(PDFファイル)

(大会内容)
1 開会

2 絵画コンテスト表彰式

絵画コンテスト表彰式1

3 主催者あいさつ

    (1) 島原・天草・長島架橋建設促進協議会会長
    ○三反園訓鹿児島県知事
三反園訓鹿児島県知事
    (2) 一般社団法人 九州経済連合会会長
    ○長尾成美専務理事
長尾成美専務理事

4 来賓あいさつ

    ○島原・天草・長島架橋構想及び九州西岸軸構想議員連盟幹事長 小里泰弘衆議院議員(鹿児島県選出)
小里泰弘衆議院議員
    ○尾辻秀久参議院議員(鹿児島県選出)
尾辻秀久参議院議員
    ○矢上雅義衆議院議員(熊本県選出)
矢上雅義衆議院議員

5 来賓紹介・祝電披露

6 三県架橋PR動画披露

7 講演

・講師:国立大学法人九州大学大学院工学研究院 教授 塚原健一 氏
・演題:「三県架橋 一極集中を脱し,地域連携による発展の可能性」

教授 塚原健一 氏

8 地元代表者による意見発表

    ○古川隆三郎島原市長
古川隆三郎島原市長
    ○益田政昭牛深商工会議所会頭
益田政昭牛深商工会議所会頭

9 大会決議

    ○川添健長島町長
    1.島原・天草架橋及び天草・長島架橋建設に資する調査の再開
    2.島原道路の整備促進及び島原天草長島連絡道路の具体化に向けた検討の実施
    3.必要な道路整備のための予算確保
川添健長島町長

10 閉会


▲このページのトップへ

Copyright (c) 2002