島原・天草・長島架橋
 
Contents   Tourist Map   Connection Link
架橋構想の概要九州西岸軸構想の概要期待される効果調査の概要協議会活動の紹介イベント情報交流事業募集絵画コンテスト三県架橋PR動画地方大会の開催状況   観光地図情報   地元3県地元市町


効果1時間短縮効果
いつでも・どこでも行けるように!
フェリーには、夜間運航がないこと、乗船待ち時間があること、欠航になり運航できない場合などがありますが、架橋により定時性、信頼性が飛躍的に向上します。



効果2防災体制の確保
複数のアクセスが確保されることにより災害時や緊急時における代替道路としての機能(リダンダンシー)が発揮されます。


効果3産業の連携と新産業の創出
九州西岸地域は、造船・電気・自動車・食料品・航空・IT産業など特色ある工業が立地しており、3県の高度技術産学連携地域では、先端産業の立地をはじめ特徴的な取組みが進められています。今後は、これらの産業集積や技術集積を生かして、地域が一体となった産業の振興を図ることにより、新しい産業の創出が期待されます。



国際的な交流圏の形成
効果4地域間交流活性化効果

九州西岸地域は歴史的にも古くから深い交流がありますが、今後さらに人的・物的交流が活性化します。
効果5国際的な交流圏の形成

九州西岸地域は国内でも最もアジアヘアプローチしやすい位置にあり、地理的優位性を生かした広域国際交流の拠点となります。


効果6広域利便性・安全性の向上効果
広域利便性安全性の向上効果


広域観光ルートの形成
九州西岸軸ルートの形成によって、新たな広域観光ネットワークが形成されます。

▲このページのトップへ

Copyright (c) 2002